2020/8月トレード結果 & 2020/9/1W、2020/9/7Wトレード振り返り

トレード結果・振り返り

いろいろ忙しくブログの更新頻度は減っていますが、もちろんトレードは継続しております(自分にはこれしかないので 汗)。
ということで、先月の結果集計と、直近2週間分のトレード振り返りをまとめました。

2020/8月トレード結果

2020/8月は3勝0敗2分でした。 トレード回数の少なさがこの月のシンドさを物語っています。 ここまでエントリーできないと「仕事していない感?」に襲われます 笑。 エントリーチャンス見落としもありましたし 汗。
それでもトータル数字が悪くないのは、損切りが無かったからですね(結果論・たまたまですが)。 損切りを無くす事は不可能ですが、少なくとも無駄な損切りに繋がるエントリーをしないようにすることは、無理やりエントリーすることよりも重要だとはあらためて実感できました。

通貨ペアロング/ショートpips利回り
8/4GBPCADショート+80pips+1%
8/13NZDUSDショート±0±0
8/19NZDCHFロング+50pips+2%
8/20NZDJPYショート±0±0
8/25EURCADショート+85pips+2%
2020/8月トータル+215pips+5%

2020/9/1W、2020/9/7Wトレード振り返り

9月に入ってからは、やや動きがでてきたかそれなりのトレード回数になってきました。 トレードした通貨ペアをまとめてみたところで気付いたのですが、ドルストレート(USD絡み)のトレードがひとつもなかったです(驚)。
これは、米ドルの動きはややこしい状況が続いている一方で、カナダとスイスに方向感が出ていたのでカナダ/スイス絡みの通貨ペアばかりになったように思います。
今月はここまで3勝2敗4分1保有中と殴り合いの様相になっていますが、動きがあってエントリーチャンスも来てくれるなら望むところですね。

通貨ペアロング/ショートpips利回り
9/1NZDCADロング±0±0
9/4EURCADショート±0±0
9/4EURNZDショート±0±0
9/4GBPCHFショート-50pips-1%
9/7AUDCHFショート-20pips-1%
9/8AUDCHFショート+60pips+2%
9/8GBPCHFショート+100pips+2%
9/10EURAUDロング+40pips+2%
9/11CADCHFショート±0±0
9/11NZDCHFショート保有中保有中
9/1W~9/7Wトータル+130pips+4%

2020/9/1W、2020/9/7Wトレード詳細

9/1 NZDCAD(ロング、±0)

日足の下向きトレンドを上抜いて崩した後の押し目買い狙い。 前日NY~当日東京時間までトレンドラインを作って下げていたところをロンドンから上抜いてきたところでロングエントリー。 利確先も引っかかりそうなラインの下に置いているので届く期待はしていたものの、伸び切れずもみ合い出したのでプラマイゼロで撤退。

9/4 EURCAD(ショート、±0)

4時間足で綺麗な安値切り下げ継続中(8/25に一度ショートエントリーし利確済み)の下落波戻り売りです。 直近の安値まではヒゲで良いので伸びてくれないか期待していたのですが、伸び切れずダブルボトムを作ってきたので建値で逃げ。

9/4 EURNZD(ショート、±0)

下落波継続中で、強いと見ていたピンク点線ラインでレジサポ折り返してきたので戻り売りを狙ったものの、エントリー直後からはほとんど伸びずにもみ合いが続いたので翌日AMに建値で仕切り直しの逃げ。

9/4、9/8 GBPCHF(ショート、-50pips、+100pips)

日足の上昇波が6月上旬の高値から折り返して反転下落が始まる初動。 9/4のエントリー場面はいかにも落ちそうな流れがダマシになりロスカット(ただしダマシの上げもダマシになり結局下落)。  9/8は懲りずに次の下落波の戻り売りを狙いこちらかはすんなり利確。 リスクリワードを確保しているので1勝1敗でも十二分ですね。

9/7、9/8 AUDCHF(ショート、-20pips、+60pips)

月足・週足がここから折り返すか?という場面で4時間足が青点線ラインから反転下落の波を作りつつあるところでショートエントリー。 一発目はエントリー後即反転され損切りに終わったものの、その後一段上げたところで上の赤点線ラインにタッチ後ピンバーを作ってきたので再度ショートエントリー。 こちらはしっかり落ちてくれて利確。 上のGBPCHFと同様、1勝1敗なら文句なしです。

9/10 EURAUD(ロング、+40pips)

注目していたピンク点線ラインで、下向きの波を作りに行く動きが買い方に負けて上抜け。 その後、確認の下げが来たところでロングエントリー。 思ったよりは伸びなかったものの目標までは届き利確。 このトレードはいつもの形ではないが、「買い方・売り方がどこで戦っているか」と「どこで片方が負けを認めたか」を見極められれば狙える場面だったかなと思います。 こういうトレードは「裁量トレードの醍醐味」ですね。

9/11 CADCHF(ショート、±0)

長期足的には上も下もありそうなものの、4時間足がきれいなダブルトップ下抜けレジサポの形を作っていたのでショートエントリー。 すんなり落ちる流れをイメージしていたが、エントリー後の動きが決着ついていない感じだったので建値で一旦逃げ。 来週チャンスがあれば再度狙ってみるかも。

9/11 NZDCHF(ショート、保有中)

ピンク点線ラインで日足が折り返しの下落波継続中の戻り売り狙い。 4時間足で上から2番目の赤点線ライン付近に2度ヒゲで止められた時点からショートを狙いに行き、青点線ラインにタッチしたところでショートエントリー。 下方向は空間あるかなと見ているのですがオレンジのラインが気になるところ(利確目標はオレンジのラインより上に置いていますが)。 現在保有中で、これが利確できるかは何とも言えませんが、今回分が損切りに終わってもピンク点線ラインを上抜けされるまではショート目線で狙っていくつもりです。

無料メルマガ配信中!

日々のトレードプラン・振り返りをメインに、トレードスキルを高めるためのノウハウなど、ブログやTwitterより ”さらに深い” 情報を発信しています。 お気軽に登録ください!

トレード結果・振り返り
いっちーをフォローする
稼ぎ続けられるトレーダーになろう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました