2020/3/2W トレード振り返り

トレード結果・振り返り

ここ最近は新型肺炎の影響か相場の変動幅が大きくなっていますね。 トレードに関しては、火曜にショートエントリーしたスイス円が思惑外れて伸びないグダグダな流れになり、今週は成果のない一週間になるかなと思っていたら、金曜に大きなチャンスが来て上手く乗ることができ、3月第一週目から運よく絶好のスタートを切れました。
また、「逆張りからのトレンドフォロー」のトレード事例を作りたいと、先週からチャンスを探し続けていたのですが、ここで巡って来ました。

2020/3/2W トレード結果総括

この週は、木曜まではぱっとしないまま過ぎていっていましたが金曜午前にチャンスが来て、結果的には2勝1分・利回り+5.5%と個人的には文句のつけようがない数字で終わりました。
※株価指数は変動幅が大きいのでFXのpipsに置き換えるととんでもなく大きくなってしまいますが、実際のトレードでは自分の資金管理ルールに合わせたロット調整を行っています(ざっくり1/10と捉えて下さい)。
結果数字は非常に良かったですが、あくまで数字は結果論であり、それよりも「チャンスがなければ余計なエントリーをしない」と「3エントリーとも内容的にグッドトレードと自己評価できる」プロセスを評価したいです。

日付通貨ペアロング/ショートpips利回り
3/3CHFJPYS±0±0
3/6日経225S約+560pips相当+2.5%
3/6NYダウS約+600pips相当+3%
トータル約+1160pips相当+5.5%

トレード詳細

3/3 CHFJPY(S、±0)

4時間足で下落波の動きを確認しショートエントリーしたものの、日足サポートからの買いの勢いも強く思惑どおりに利確目標までは落ち切らず。 まだ上も破られていないものの、売り買い攻防の決着がついていない(持っているポジションに優位性はない)事も明らかなので、建値に来たところで撤退。

↓エントリー

↓結果

3/6 日経225CFD(S、約+560pips相当)

1時間足だと分かりにくいが、4時間足で引けるトレンドラインを下抜けした後の「逆張りからのトレンドフォロー」型出現でショートエントリー。 援軍(背中に背負える長期足ライン)がいない点は懸念でベストな形とは言えない印象ではあるものの、リスクリワードがしっかり見込める事と、週足/日足/4時間足とも下目線の流れで一致していて為替より株価指数の方が売りやすい場面だった事がエントリーの主な理由で、今週ずっと待っていて金曜にようやく来たチャンス。 結果、ほとんど勢い衰えず転落していった。

↓エントリー

↓結果

NYダウCFD(S、約+600pips相当)

細かい相場の流れはエントリー画像に書き込みましたが、このトレードも「逆張りからのトレンドフォロー」型(やや応用型)。 相場の流れが綺麗な上、日経225同様に週/日/4時間足とも下目線で売りやすい相場環境になっていてこれ以上ない好条件。 結果、転落するように伸びていったが、もしニュース等に反応して急反転の損切りに遭っていたとしてもこの週のベストトレードと自己評価したい。

↓エントリー

↓結果

無料メルマガ(平日ほぼ毎日)配信中!

日々のトレードプラン・振り返りをメインに、トレードスキルを高めるためのノウハウなど、ブログやTwitterより ”さらに深い” 情報を発信しています。 お気軽に登録ください!

トレード結果・振り返り
いっちーをフォローする
稼ぎ続けられるトレーダーになろう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました