テクニカル観点から日経225/NYダウを考察する(2020年4月第一週版)

相場考察

激動の3月が終わりましたので、先月ずっと注目していた日経225とNYダウの現状について、テクニカル観点からあらためて考察してみようと思います。

日経225(CFD現物)

上は月足チャートです。
これまで、何度も記事で「3月末で月足サポートを守れるか?」と書いてきましたが、守れませんでした。
チャートの形がブローカーによって少し違うのでトレンド判断は微妙に異なってはくるのですが、ただ、3月足の確定で日経225は「月足レベルでも下目線」に変わったのは共通しています。
これで先月までの「週足&日足:下目線」から「月足&週足&日足:下目線」に格上げです・・・
なので、テクニカルをベースにトレードするトレーダーの視点は先月よりさらに「売り目線」が強くなってくる可能性の方が高いと考えられます。 日銀はジャブジャブ買い支えをしていて、私は「養分にされないか」懸念のコメントもしていましたが、今のところ見事に養分にされているように感じます。
売り手が売りを仕掛けるには買い手が必要で、しっかり買い(チャートではプルバックの動きになります)が入ってくれればくれるほど、ますます売り叩きやすくなります。
日銀の買い支えはドラえもんの四次元ポケットのように無限大ではなく、支えきれない損失になった時、そのツケを払うのは国民になるように思うのですが、どうするんでしょうかね?

ということで今後の想定シナリオですが、
①まっすぐ落ちる
②月足ブレイクラインで折り返して落ちる
③月足ブレイクの起点で落ちる
の3択かなと感じます。
下値は、目先は画像では控えめに先月安値付近までしか矢印を引いていないですが、最大15,000円割れ(一段下の赤実線)に瞬間的に届いてもおかしくないように見えます。

テレビで無責任発言する「専門家」は、自分の会社(銀行や証券会社)やTV番組スポンサー(銀行や証券会社)にとってメリットのある話をして、一般の方にリスクを負わせようとしている(国を買い支えてもらう事は証券会社やTV局を守る事にもなり、しかも売買手数料まで得られるという一石二鳥)としか私は感じないですね。
テレビはほんと、プロパガンダまみれなので気を付けましょう!(私は政治・経済番組はよく見ますが、情報収集目的というより「大衆をどう誘導しようとしているのか」という観点で見ています)

NYダウ(CFD現物)

こちらも月足チャートです。
だらしない日経225に対し、NYダウは3月は月足サポートをド根性で守って終わりました。 なので、若干は反撃シナリオは残っているかもしれません。
が、やっぱり厳しい状況であることは週足/日足的には明らか(完全に下方向ですので)ですね。

目先の想定シナリオですが、売り手が「あれっ?」となりそうなのは23,140あたりを上に抜けたらですかね (上は日足チャート画像) 。
今月は、
・引き続き月足サポートを守り続けられるか
・3月安値を再び試しに行くか、それとも23,140あたりの日足レジスタンスを抜きに行くか
に注目かなと見ています。

無料メルマガ配信中!

日々のトレードプラン・振り返りをメインに、トレードスキルを高めるためのノウハウなど、ブログやTwitterより ”さらに深い” 情報を発信しています。 お気軽に登録ください!

相場考察
いっちーをフォローする
稼ぎ続けられるトレーダーになろう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました