2020/3/16W トレード振り返り

トレード結果・振り返り

この週は「米ドル高」「欧州通貨安」「資源国通貨安」「株価・原油続落」の一週間だったかなと思います。
各国中央銀行は打てる手を打ち尽くしてきましたが、効果は出ていない感じですよね。 ぶっちゃけ、個人的にはそりゃそうだろうな~と思います。 中央銀行も大きな効果が出るとは本音では思っていないのではないでしょうか。 でもやれる事を全部やっとかないとメディアや政治家から戦犯扱いされてしまうので「自分達にできることは全部やったからね」というのが表面的なメッセージで、その奥では「お前ら(政治家)この期に及んで国同士で覇権争いやってんじゃねー!」という声が聞こえてくるように感じます。
それは置いておいて、この週のトレードですが、結果数字は悪くなかったですが、内容に関しては反省しなければならない点がありました(でも良い勉強にはなりました)。

あと今週からTwitterを始めて、最近注目しているNYダウと日経225(どちらもCFD現物です)の動きをツイートしていましたが、こちらはエントリーチャンスは見つけられない感じでした。

2020/3/16W トレード結果総括

この週は2勝1敗2分・利回り+2%となりました。 今月はいまのところ3週とも勝ち越し・プラス収支で正直なところ、違和感しかないです(損切りトレードが少なすぎて、かえって不気味)。 個々のトレードに関しては、3/20のGBPUSDは調子に乗り過ぎでした(ただし、その反省をふまえて3/21は良い撤退トレードができました)。 来週はあらためて気持ちをリセットし、謙虚に相場に向き合いたいと思います。

日付通貨ペアロング/ショートpips利回り
3/19AUDUSDS+190pips+2%
3/20GBPUSDL-90pips-1%
3/21USDJPYS±0±0
3/21USDCHFS±0±0
3/21USDCADS+115pips+1%
トータル+215pips+2%

トレード詳細

3/19 AUDUSD(S、+190pips)

先週から大きく下げ続けているAUDUSD。 前日、チャンスを見逃してしまっていたのですが、今回は見逃さずに狙えました。 月足サポートを背中に、凄く綺麗な大陰線の足確定でショートエントリー。 翌日にはすっかり反転されてしまいましたが(プルバックが入った形)、今回は運よくリスクリワード1:2の利確目標にタッチ。 ツイていることもあれば1、2pips届かず損切りになった事も経験しているし、これも相場。 だから結果数字よりもプロセス(環境認識をしっかり行い、自分の形が来たときだけエントリーする「グッドトレード」だったのか)を重要すべきだと思う次第です。

↓エントリー

↓結果

3/19 GBPUSD(L、-90pips)

前週に引き続き、当週もナイアガラのような下落が続いている中、この日は前日(3/18NY時間)からもみ合いが継続して次の流れを様子見していたところ、英中央銀行が政策金利の追加利下げを含む緊急緩和策を発表してきました。 その発表を受けて上昇の流れが出てきたのでロングを仕掛け。 強い下落トレンド中の逆張りにはなりますが、リスクリワードを考えても一応確保できる値幅に余裕があったのもエントリーの判断材料だったのですが、良く分からないところで頭打ちして最終的にはロスカット。 全然ダメなトレードではなかったものの、今回のはニュースに一時的に乗ろうとしただけで(普段はファンダメンタルを根拠にしたトレードはやりません)執着するほどの価値もないエントリーだったので、上ヒゲをつけて不穏な動きをした時点で同値撤退を考えるべきだったと反省です。

↓エントリー

↓結果

3/20 USDJPY(S、±0)

今週、ドル円はずっと売り場探しをしていたのですが、売りでエントリーできる形は見当たらず、売り目線で狙う最後の防衛線まで上げてきたところで調整下落の兆候が見られる動きになりました。 金曜ということで、ここまでの上昇の調整の可能性があることと、各通貨の同期もある程度取れていたことから「ドル円 or ドルスイス or ドルカナダ どれか落ちてくれるかな?」という事で狙ってみました。 ドル円、ドルスイスは自分の狙う形は全然完成してない状態で、先走り過ぎだったので、真っ直ぐ転落していかなければ同値か微損で撤退前提でのエントリーです。 結果、伸びなかったので同値撤退となりました。 エントリー時の形は不十分で単体で見るとグッドトレードとは言えませんが、ドル円/ドルスイス/ドルカナダの3点セットという面では面白いトレードになったかなとは思います。

↓エントリ

↓結果

3/21 USDCHF(S、±0)

エントリー経緯と結果はドル円と変わらないので省略します(同値撤退)。

↓エントリー&結果

3/21 USDCAD(S、+115pips)

ドル円・ドルスイスと比べると、こちらは自分の型に合致したエントリー(過去のトレード振り返り記事でも、この形が頻繁に出てくるのが分かりますでしょうか?)。 先週から上昇してきた調整波狙い(逆張り)なので邪魔なラインがいくつかありますが、それほど強い抵抗にはならないと見て、分割で深い戻しを狙ってみましたが、結果的には一気に狙いすぎるのには無理があったかなという感じでした。 一直線に落ちるとはさすがに考えてはいませんでしたが、建値までは帰ってこられないかなと見ていたので、残りの玉が建値撤退になったのは少々残念でしたが、まあまあ面白いチャレンジだったのではないかと思います。
※分割決済までの値幅は230pipsありましたが、半玉分は建値撤退に終わったので、獲得pips数は1/2扱いにしています。

↓エントリー

↓結果

コメント

タイトルとURLをコピーしました